AI体験

【ChatGPTへの指示の出し方】 3回指示して良質な記事に導く

2023年5月29日

※アフィリエイト広告を利用しています

【ChatGPTへの指示の出し方】 3回指示して良質な回答を導く
副業パパ

ChatGPTって聞いたことありますか?

少し聞いたことはあるような気がするけど、何かはわからないです。

副業パパ

ChatGPTっていうのは、すごくおもしろい人工知能ツールで対話AIなんです。

質問したり指示出したりすると、その内容についてすぐに回答がもらえる。

会話するAIって最近すごく注目されてて、ビジネスやエンタメの世界で重要な存在になりそうですよ。

ChatGPTを使いこなすことは、難しいことではありません。

具体的なタスクを効率よく終わらせたい、またはChatGPTのカスタマイズや応用によって、あなたの日常やビジネスを革新したいと思っていませんか?

正しい指示の出し方をマスターすることで、あなたもChatGPTの真の力を引き出すことができます。

この記事では、"3回の質問で質の高い回答を引き出す"というシンプルだけど効果的なテクニックを紹介します。

初心者から上級者まで、誰もがChatGPTを最大限に活用し、時間を節約し、創造性を活かす実践的なアドバイスを提供します。

さあ、ChatGPTとの対話を次のレベルに引き上げて、あなたの目的を達成するための一歩を踏み出しましょう。

この記事の要点

ChatGPTは、

  • たくさんのデータや情報から学習し賢くなる。
  • 問いかけ方や文脈で回答の質が変わる
  • ChatGPTに3回質問をする
  • 倫理的な使い方をしよう

ChatGPTの基本原理

まず始めにChat GPTがどういうものかを説明します。

ChatGPTの機能と動作原理の説明

ChatGPTは質問や指示をすると、それに合った答えをすぐに教えてくれます。

その秘密は、たくさんのデータや情報から常に学んでいること。

世界中の人がChatGPTに問いかけて対話している情報や、インターネット情報を蓄積して常に学び改善していくのがAIです。

ChatGPTは、そのデータを基に、こちらの質問や指示に対して最適な答えを考え出してくれています。

生まれたばかりの赤ちゃんのように、自然と言語を覚えて、意味を理解する。

その学習を世界中の情報から得ながら学び続けるんです。

だから、ChatGPTは正しく使えば使うほど賢くなっていくんです。

ただ使い方によっては、間違ってはないけど当たり前で抽象的な答えになる場合もありますよね。

良質な回答を得るための質問のコツ

最初の質問と流れ

対話の方法は、とってもシンプルです。

まずは最初にChatGPTに好きな言葉で指示や質問をしてみます。

例えば、「教えてください」とか「お願いします」とか、

自分が知りたいことを聞いてみると、ChatGPTがその指示を読んで理解し回答を考えてくれます。

その問いかけ次第で、ChatGPTがどんな回答をするかをコントロールすることができるんです。

それには、はっきりした質問や指示を出すことが大切です。

具体的で明確な質問で、役に立つ回答を促す

問いかけの時に、はっきりとした質問や指示を出すのは、ChatGPTが回答を導くための道筋のようなものです。

例えば、「おいしい食べ物は何ですか?」という質問よりも、

「おすすめのピザの種類を教えてください」という質問の方が具体的ですよね。

具体的な質問をすると、ChatGPTはその内容に合わせて適切な回答を考えてくれます。

質問を組み合わせる

質問するとき、直接的な質問だけでなく、間接的な質問や複数の質問を組み合わせることもできます。

間接的な質問とは、

例えば、「おいしいスイーツの作り方を教えてください」という質問よりも、

「おいしいスイーツの材料やコツを教えてください」のように、

同じ作り方を聞く場合でも伝え方を変えると、より具体的な情報を引き出せることもあります。

また、複数の質問を組み合わせて「好きな食べ物は何ですか?それを作るのに必要な材料は何ですか?」というように、

複数の質問を続けて聞くことで、より詳細な情報を得ることもできます。

間接的な質問や複数の質問を組み合わせて、さまざまな情報や視点を引き出せるようになりましょう。

3回の質問で導く

一つ注意したい事として、3回の質問で回答を導くのは、はっきりと正しい正解がない事象や、特に創造的でクリエイティブなことで使える手法です。

例えば「パンの焼き方」のようにはっきりとした答えがあるものは、1回の質問で回答を得られますよね。

でも、「なぜパンを焼くのか」のようなはっきりとした正解がない場合は、直接「なぜ人はパンを焼くんですか?」と質問しても、「まぁそうだよね…」ということしか回答は返ってきません。

そこで3回の質問で導くと、より納得しやすい回答が得られます。

根っこの部分を質問をする

あなたがChatGPTに指示するのは何か理由がありますよね。

回答として求める情報やテキストを、誰かにアウトプットしたい、わかりやすく伝えたい等、情報としての目的があるはずです。

その目的となる理由のニーズを質問してみます。

例えば私の場合は、このブログで“ChatGPT”“指示の出し方”という検索キーワードで検索結果に上位表示させたいという目的があるとして、

“「ChatGPT 指示の出し方」 というキーワードで検索する人は、どんな悩みやニーズがありますか?”

このような根っこの部分から、ChatGPTのアイデアをもらいます。

返ってきた回答理由を質問する

その悩みやニーズは、複数のケースが考えられます。

その中で自分がイメージするアウトプットに、一番近い内容を一つ選択し、

その一番近い内容だった回答の理由を質問します。

“回答(2)のような悩みやニーズがある理由はなんでですか? またそのように回答した理由はなぜですか?”

このようにChatGPTの回答を引用し回答に対して、理由を質問します。

その段階で、元々欲しかった情報の答えが含まれているので、その答えを整える作業に入ります。

アウトプットを指定する

この時点で、ある程度本質的な回答になっているはずですので、その回答を欲しい形に整えてもらいます。

“その理由をわかりやすく要約して、以下の条件で回答してください。”
条件(例)
・文字数は◯◯文字程度にまとめる
・〇〇を◯◯の形式に

ここまでくれば、チャットGPTに求めた回答になっていると思います。

さまざまな指示の出し方

困った時の指示の出し方例5選

ポイント

  1. 小学生にもわかるように教えて
  2. 100文字で要約して
  3. 頭でスッと理解できるように教えて
  4. (回答に対して)それを抽象的に教えて、具体的に教えて
  5. 漢字を少なめで教えて

質問の仕方にもよりますが、普通に色んな問いかけをして感じたことは、

どうしても機械的でロジカルで、頭に残りにくい論文のように感じることがあります。

もっと読みやすく、理解しやすくするには、言い回しを制限する必要があるので、

自分にあった指示の出し方を探っておくのが良いと思います。

ChatGPT

具体的な例を交えた効果的な指示の作成方法の解説

また、問いかけの文脈を設定することも重要です。

例えば、「旅行の計画を立てる際に必要なアイテムを教えてください」という指示では、どんなアイテムが必要かがわからないですね。

そこで、文脈を設定して具体化すると、以下のようになります。

「夏休みの海への旅行の計画を立てる際に、必要なアイテムや持ち物を教えてください」

このようにすることで、AIや相手は海への旅行の持ち物についての具体的な回答をしてくれます。

注意すべきポイント

ChatGPTの制約や限界の説明

ChatGPTはすごいツールですが、いくつかの制約や限界もあります。

ChatGPTはプログラムなので、人間のように考えたり、感情を持ったりするわけではなく、

時には理解力や判断力が制限される場合があります。

例えば、日本人特有のニュアンスで伝える言葉は理解できないですね。(今のところは)

また、ChatGPTは学習データに基づいて応答しますが、学習データには間違った情報やバイアスが含まれていることもありますよね。

それは、AIが人間からの入力データを学習するため、人間の偏見や誤った情報も学んでしまうからなんです。

これについては次で説明しますね。

倫理的な使用とは?

Chat GPTは、人の悪い面も学習し学んでいきます。

Chat GPTを使用する人が、悪い言葉や汚い言葉を使って、それが正しいことだと情報を操作することで、

そういうものだと学習してしまったら、間違ったままの解釈や理解が拡大していく恐れがあります。

Chat GPTが間違ったままの理解で、他の人の回答を答えてしまう場合もあります。

なので、間違っている言葉や理解を感じた時は、ちゃんと正しいフィードバックをしてあげることも大切。

みんながChatGPTやAIを使うときには、倫理と情報の正確性を大切にすることがとっても重要なんです。

これは、AIを使う上での基本的なルール。

みんながそれを守ることで、より安全で信頼できるAIの世界を築くことができるんだ。

だから、いつでも正しい行動を選び、情報の正確性を確かめることを忘れないでください。

結論とまとめ

この記事では、ChatGPTの基本的な使い方をまとめました。

この記事のまとめ

ChatGPTは、

  • たくさんのデータや情報から学習し賢くなる。
  • 問いかけ方や文脈で回答の質が変わる
  • ChatGPTの回答を引用する
  • 倫理的な使い方をしよう

AIが完成したら、色んな職業がなくなるとか、恐ろしい面も言われています。

実際にChatGPTを仕事で使うことを禁止にしている企業もあります。

しかし、Google検索で調べるのと同じで、ChatGPTに聞くということが当たり前になるのはもうすぐです。

ChatGPTの使い方が上手にって「AIを上手に利用する」という考えが出来れば、効率よく手助けしてくれるパートナーです。

対話できるAIの成長に期待し、楽しい対話体験をたくさん楽しんでください!

ChatGPTのプロンプトについて

noteにChatGPTsを公開しているので、ぜひ使ってみてください。

ご意見いただけると嬉しいです。

note公開中 ブログ用GPTs

副業パパ

初めてのブログ構築は、不安になると思います。

最初のブログ作りは無料でお手伝いしますので、LINEかInstagramのDMで連絡ください。

Zoomなどで画面を見ながらサポートいたします!

友だち追加
インスタグラムロゴ
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    ブログで副業パパ

    AI(人工知能)×ブログで収入を増やすパパ。 忙しい子育てママやPC苦手な方でもチャットGPT×ブログで月5万稼げるようにサポートをします。インスタかTwitterをフォロー!

    -AI体験
    -,